サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

a-リノレン酸 心血管疾患リスクを減らすn-3系脂肪酸(動脈硬化、心筋梗塞、花粉症、脂質異常症、アトピー性皮膚炎に関連)

更新日:

植物油の主成分である脂肪酸

a-リノレン酸はヒトの体内では合成することができないため、食品から摂取することが必要とされている必須脂肪酸です。
a-リノレン酸はその構造の中に炭素の二重結合を2つ以上持つ多価不飽和脂肪酸の一つで、n-3系脂肪酸に分類されます。これは、青魚に多く含まれるDHAやEPAと同じ分類で、健康に不可欠な成分として注目されています。

動脈硬化の予防、脳の働き向上

a-リノレン酸は細胞膜の構成成分で、血栓がつくられるのを防いだり、血圧を下げたり、アレルギーを抑制するなどの働きを持つといわれています。a-リノレン酸は体内に入るとDHAやEPAに変換され、動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ、脳の働きを高めるなどの効果もあります。
a-リノレン酸を食事からよく摂取する人は、心筋梗塞のリスクが低下したとの事例があり、心血管疾患の初期予防、二次予防を目的とする摂取の有効性が示されています。

また、冠動脈疾患のリスク報告対象とした疫学調査で、a-リノレン酸の摂取が多いと冠動脈のアテローム性硬化の発生リスクの低下と高血圧リスク減少が示されています。
また、a-リノレン酸は、リノール酸に対して競合的に働くことにより粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーを抑制します。

酸化しやすいので早めに使い切る

過剰摂取は、肥満につながり、アレルギーを悪化させたり、大腸がんの危険性を高めたりすることがあります。特に、妊婦、授乳婦は多量摂取を避けたほうがよいとされます。

リノール酸などのn-6系とa-リノレン酸などのn-3系の脂肪酸をバランスよくとることが重要です。aリノレン酸は、亜麻やえごまなどに含まれ、これらから作られた植物油に豊富に含まれます。a-リノレン酸は非常に酸化しやすいという特徴があり、早めに使い切ることが大切です。また、熱に弱いので、ドレッシングやマリネに使うのに適しています。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.