サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

γ-リノレン酸 心血管疾患リスクを減らす n-3 系不飽和脂肪酸(循環器疾患、月経前症候群(PMS)、アトピー性皮膚炎、花粉症に関連)

更新日:

血圧、皮膚のバランスを保つ不飽和脂肪酸

γ-リノレン酸は不飽和脂肪酸で、カス種子油や月見草油に含まれる脂肪酸の一つです。天然の素材は小く、月見草は貴重な原料です。その種子の脂肪酸の7.5%がγ-リノレン酸です。血圧やLDLコレステロール値、血糖値を低下させる効果に加えて、正常で健康な皮膚の構造と機能保持に役立つとされています。

イギリス、ドイツ、フランスでは、アトピー性皮膚炎に対する医薬品として用いられていま
す。

月経前症候群(PMS)、アトピー性皮膚炎や花粉症の症状、睡眠改善

γ-リノレン酸が体内でアラキドン酸に変換される過程で、体の各組織の働きを調節しているホルモンであるプロスタグランジンの材料となる物質が生成されます。ソ-リノレン酸由来のプロスタグランジンが不足すると、子宮内「膜が正常に機能しなくなる、皮膚の乾果を引き起こすなどの障害が生じます。

逆に過剰になると、炎症物質の過利産生が起こり、アトピー性皮膚炎などが発症しやすくなります。

γ-リノレン酸はホルモンバランスを整え、月経前のイライラや頭痛などの月経前症候群(PMS)の不快な症状を緩和する働きを持ちます。
また、皮膚の表皮細胞に必要不可欠な成分でもあり、アトピー性皮膚炎や花粉症にも効果があります。

一方、糖尿病由来の神経障害や関節リウマチに対して経口摂取で有効性が明らかになっています。肥満治療により減量した被験者を対象とした比較試験で、体重と脂肪が増加しにくかったとの報告があります。加えて、糖尿病による神経障害に対しての有効性も示されています。

ビタミンEやEPAと一緒に摂取

サプリメントで摂取するのが一般的で、摂取後、まれに軟便、軽い下痢、消化不良、げっぷなどの症状が出ることもあるので注意を要します。γ-リノレン酸は酸化しやすい成分であるため、ビタミンEなど抗酸化作用のあるサプリメントとの併用をおすすめします。

また、EPAと一緒にとると、効果が長く続くという報告もあります。「妊娠中・授乳中の人は、使用を避けたほうがよいとされます。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.