サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

アミノ酸 たんぱく質を構成する単位(運動能力、疲労に関連)

更新日:

体内で合成できない必須アミノ酸は9種類

人の体は約10万種類のたんぱく質からできていますが、それらはすべて20種類のアミノ酸からできています。基本単位であるアミノ酸がさまざまに結合することによって、性質の異なるたんぱく質がつくられ、それが人体を構成しているのです。
人体のたんぱく質を構成する20種類のアミノ酸のうち、9種類(イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン)は必須アミノ酸と呼ばれます。これらは体内で合成することができないため、食品から摂取する必要があります。

筋肉や臓器などを構成するほかそれぞれ固有の働きがある

アミノ酸からできているたんぱく質は、筋肉や臓器、皮膚や髪などの重要な構成成分であるとともに、酵素やホルモン、抗体にもなります。

「アミノ酸の作用はさまざまですが、BCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれる必須アミノ酸のロイシン、イソロイシン、バリンは筋肉に多く含まれるアミノ酸で、運動中のエネルギー源にります。さらに疲労を回復する働きる。あるため、運動前後にとると有効で、また、非必須アミノ酸のグリシンは眠前に摂取することで、睡眠の質を向上させることが期待されています。

人体のたんぱく質を構成するアミノ酸以外にも、自然界には数百種類のアミノ酸が存在しており、その中には体に有効な作用があるといわれるものとあります。
なかでも、血圧やコレステロールのコントロールに役立つとされるタウリン、癒やし効果があるとされるギャバ、肝臓の機能を維持するといわれるオルニチンなどは注目度も高く、研究が進んでいます。

必須アミノ酸はバランスよく摂取する

必須アミノ酸はすべての種類が必要量を満たしていることが重要。どれかが不足すると、体内での利用効率が低下してしまうためです。
食品によって含まれるアミノ酸量が異なるので、さまざまな食品をバランスよくとることが大切です。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.