サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

ビオチン 糖質、脂質の代謝、肌や髪の健康にも役立つ(アトピー性皮膚炎、白髪、薄毛、血糖維持に関連)

投稿日:

補酵素として働く水溶性ビタミン

水溶性ビタミンの一つです。体内に取り込まれると酵素たんぱく質と結びつき、補酵素として働きます。脂肪酸とグルコースの合成などに関与します。

強い運動をしたとき、ブドウ糖がエネルギーに変わる過程で乳酸が発生します。肝臓に運ばれた乳酸は、ピルビン酸からオキサロ酢酸に変化し、ブドウ糖に再合成されます。その過程で、ビオチンは補酵素として働きます。ビオチンが不足しその働きが低下すると、糖が再合成されず、筋肉痛や疲れが現れます。

「ビオチンはまた、DNA(核酸)の合成による細胞の活性化や、血糖値の維持など、さまざまな生理作用に重要な役割を果たしています。

肌や髪のトラブルを解消。胎児の発達にも関

ビオチンは皮膚炎を治す実験から発見されました。ビオチンが不足すると、髪が抜ける、白髪になるなどの症状が現れます。また、アトピー性皮膚炎の原因となる化学物質ヒスタミンのもとになる、ヒスチジンを体外に排泄する作用がありその効用が注目されています。

最近では、妊娠の正堂胎児の発達にも関与しているらかになっています。

もろい爪を厚くするのに、経口で有効であることを示す報告があります。また、幼児の脂漏性皮膚炎に対して、有効性が認められています。

ビオチンはレバー、腎臓、卵黄、母、野菜、穀粒、ナッツなど、さまざまな食品に含まれていますが、バランスのよい食事で、毎日少しずつでもとることが大切です。

ビオチンは、腸内細菌によっても合成されますが、抗生物質などの薬を長く服用している人は、腸内細菌によるビオチンの生成が妨げられることもあります。摂取の目安量は成人男性、女性ともに1日50ugです。

摂取の不足・過剰は心配ありません

「欠乏症は心配ありませんが、生の卵白を大量にとり続けると、アビジンという糖たんぱく質がビオチンの吸収を妨げることがあります。

尿から速やかに排泄されるので、とりすぎの心配もありません。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.