サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

カプサイシン・カプシエイト ホルモンの分泌を促進し、ダイエット効果を高める(肥満、肩こり、冷え性、疲労)

更新日:

トウガラシのピリ辛成分カロテノイドの一種

唐辛子のピリッとする辛み成分がカプサイシンです。カロテノイドの一種で、市販されているトウガラシエキス入りの清涼飲料水などは、ダイエットに効果があると注目されています。最近では、辛くない唐辛子に含まれる新規成分カプシエイトの有用性も明らかになり、体への刺激が少ないことから商品化されています。

交感神経を刺激しアドレナリンを分泌

カプサイシンは、交感神経を刺激してアドレナリンなどのホルモンの分泌を促進します。アドレナリンは脂肪細胞に作用することで、貯蔵脂肪の分解を促進し、肝臓や筋肉にあるグリコーゲンの分解を高め、体内の脂肪も燃焼させます。いわゆるエネルギー代謝を高めるので、肥満を解消してくれるというわけです。体温が上昇し、血行がよくなり、発汗が促されます。

また、唐辛子を食すると、血行がよくなり体がぽかぽかしてくるのは、このカプサイシンの代謝促進作用によるもので、それは冷え症や肩こりの改善や疲労回復にも役立ちます。

張り薬の外用薬として、神経症わらげる成分として利用されてのもあります。
カプサイシンには、以上のような生理的な作用のほか、その強い殺菌作用を利用して、糠床に入れたり、米の蓋などに貼って防虫に使われるから日常的にも利用されています。

料理に使うときには、にんにくと一緒に調理すると、まずにんにくによって血行がスムーズになり、さらにカプサイシンが代謝を活発化させることで、体内の老廃物を効率よく、排泄することができます。

辛くない新規成分カプシエイトの有用性

辛みが特徴の成分ですが、新規成分のカプシエイトの辛さは、カプサイシンの約1/1000といわれています。辛みが少ないとはいえ、生体への有用性は、代謝促進、体温上昇、脂肪燃焼効果などカプサイシンと同様です。

便秘の人は、服用により、腸内細菌の環境が変わるため、おなかが張る副作用が出ることがあります。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.