サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

カルニチン 脂肪燃焼を支える必須成分(肥満、循環器疾患、疲労に関連)

更新日:

脂肪を分解する遊離脂肪酸を生成

カルニチンは、昆虫の成長因子として見つかったアミノ酸です。ほとんどすべての生物の各組織に存在し、ほとんどの食物の中に含まれています。必須アミノ酸のリジンとメチオニンから、肝臓で合成されるアミノ酸で、脂質のエネルギー代謝に不可欠です。

脂肪には、蓄積される白色脂肪細胞と余分なエネルギーを熱に変えて放出する褐色脂肪細胞があります。褐色脂肪細胞は、成長期に入るころから次第に減少し、誕生時に約100g、成人期には40g程度にまで減少します。「カルニチンの最大の働きは、肩甲骨や首、脇の下などにある褐色脂肪細胞を活性化させ、リパーゼという脂肪分解酵素を分泌させることです。リパーゼは脂肪を分解し、エネルギーになりやすい遊離脂肪酸をつくる働きをします。

余分なエネルギーを熱にかえて放出

カルニチンは、遊離脂肪酸を効率よく筋肉細胞内のミトコンドリアに運ぶ働きをします。ミトコンドリアの膜は二重構造で、遊離脂肪酸が2つの膜を通って内部に入り込むときには必要なのがカルニチンです。

カルニチンは、循環器への効果が期待され、慢性安定狭心症患者の運動耐性向上、うっ血性心不全患者の症状改善、心筋梗塞発作後の合併症や死亡率の低減に有効性が示されています。たがし、効果があるのはL-カルニチンであり、D-カルニチンはL-カルニチンの作用を阻害するため、L-カルニチン欠乏状態を引き起こすことがあります。

共役リノール酸と一緒に摂取する

カルニチンは加齢とともに生成量が少なくなってしまうので、外から摂取することが必要になります。だんだん太りやすくなる、持久力がなくなる、疲れやすいといった症状もカルニチンが不足してきたのが一因と考えられます。

カルニチンは、肉類のたんぱく質に多く含まれ、なかでもラム肉やマトンの含有量は多いです。脂肪を効率よくエネルギーに変える働きを持つ共役リノール酸を一緒にとることで、より効果的に脂肪を燃焼させることが可能になります。血液透析、無尿症、尿毒症並びに妊娠中、授乳中の場合は使用を避けます。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.