サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

シトルリン 血流改善などさまざまな効果(血行不良、むくみ、冷え性、疲労、美肌)

投稿日:

スイカから発見された遊離アミノ酸

シトルリンは、1930年に日本でスイカから発見された遊離アミノ酸の一種です。シトルリンは、ウリ科の植物・多く含まれており、一酸化窒素の産生を促すことで、血管を拡張させる効果を持ちます。また、尿素生成では、尿素サイクルにおけるアルギニン生合成の中間体として重要です。日本では、2007年8月にシトルリンが食品成分として利用可能になり、現在では主に健康食品として利用されています。また、欧州では医薬品成分として、アメリカではサプリメントとして注目を集めています。

むくみ、冷え症、筋力増強などさまざまな効果

シトルリンは血流を改善させることによるむくみや冷えの改善、新陳代謝の向上、筋力・精力向上などの効果が期待されています。
むくみは、ヒトの体内に余分な水分や老廃物が蓄積されて起こる症状で、特に筋肉量が少ない女性に多い悩みです。冷え症も女性に多い症状で、末梢血管の血行不良が原因です。シトルリンが持つ血管を拡張させる作用は、末梢血管で効果を示し、血流を改善し、むくみや冷え症を改善します。また、シトルリンは天然保湿因子を構成するアミノ酸の一種であるため、肌の美しさを保つ作用があります。天然保湿因子とは、角質層や角質細胞の中に存在し、水分を保持する力を持つ物質です。新陳代謝を活発化させ、ターンオーバーという肌の生まれ変わりを促進する効果もあります。

シトルリンには、疲労の原因物質であるアンモニアを肝臓内で尿素に変え、体外へ排出する作用があるため、疲労の回復に効果的です。また、シトルリンが産生を促進する一酸化窒素は、運動時のパフォーマンスに対しても好影響を与え、運動後の筋肉痛を抑制する効果も期待されています。シトルリン摂取で成長ホルモンの分泌が促されるため、筋力増強効果との相乗効果が期待できます。

降圧剤服用者は要注意

降圧剤を服用している人は、摂取を控えるよう注意してください。血管関連の持病がある人は医師に相談したうえで利用するのがよさそうです。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.