サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

コエンザイムQ10(ユビキノン) エネルギー生成や抗酸化作用でアンチエイジング(心臓病、免疫力低下、肌の老化、疲労に関連)

更新日:

抗加齢作用を持つ補酵素

コエンザイムQ10は、抗加齢作用で注目される補酵素です。生物界に広く分布する(ユビキタス)ことから、ユビキノンとも呼ばれます。
脂溶性のビタミン様物質で、体内でも合成されるコエンザイムQ10ですが、歳をとるにつれて合成されにくくなります。不足してくるとエネルギー生成力が弱まって、肌の老化や免疫力低下、また疲れやすい、肩こり、冷え症などの症状が現れてきます。

血糖や脂肪酸からエネルギーを生成

血糖や脂肪酸からATP(生体エネルギー)を生成するときに、コエンザイムQ10が重要な役割を担っています。エネルギーを生成しやすくするので、疲労回復や加齢に伴う肌のトラブルの修復にも効果があります。またコエンザイムQ10は抗酸化、免疫機能の強化、心臓病の予防にも働きます。

コエンザイムQ10は、体内の抗酸化ネットワークを構成する物質の一つでもあります。老化や疾病の原因といわれるフリーラジカル(紫外線などの有害物質によって発生し、老化の原因となる分子)に対抗し、体を酸化から守るアンチエイジングの役割を担っています。

抗酸化作用の点では、他のネットワーク系抗酸化物質であるビタミンE、ビタミンC、グルタチオン、α-リポ酸などと同様に大切な成分です。ビタミンEの抗酸化力やビタミンBeの免疫増強作用を補強する働きもあります。

コエンザイムQ10は、以前からうっ血性心疾患などの治療薬「ユビデカレノン」としても使用されてきた成分です。2001年4月の食薬区分改正により、サプリメントに使用できるようになりました。コエンザイムQ10製剤(UbiQGel)は、米国ではミトコンドリア脳筋症に対するオーファンドラッグとして認められ、筋ジストロフィ症やパーキンソン病にも有効性が示されています。

降圧剤との併用に注意

血圧に対する影響を考えると、降圧剤を併用した場合は、血圧の変動に注意する必要があります。大量摂取で、食欲不振、吐き気などの副作用の出る可能性があり、医薬品として用いられる量(1日30mg)を一つの目安としましょう。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.