サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

コラーゲン 肌にハリと潤いを与え、丈夫な骨をつくる(肌の老化、関節痛)

更新日:

人体のたんぱく質の約30%を占める

コラーゲンは繊維性のたんぱく質で、人体のたんぱく質の約30%を占めています。皮膚、骨、腱などに広く分布し、細胞どうしをしっかりと結びつけ、丈夫にする働きがあります。骨や軟骨の形成に重要な役割を果たし、丈夫でしなやかな血管を維持するほか、肌の弾力性を保つためにも欠かせません。

動物性食品に多く、魚の皮やフカヒレ、鶏の手羽などに多く含まれます。

骨や軟骨を形成し、美肌を保つ

コラーゲンは3本の鎖がコイルのように巻きついた「3重らせん構造」になっており、1本の鎖は約1000個ものアミノ酸がつながっています。鎖どうしも橋を架けるようにところどころつながっていて、簡単にほどけない構造になっています。

コラーゲンにはさまざまな種類がありますが、人体に多く存在するのはI型とII型で、I型は皮膚や骨、腱などに多く分布し内側から組織を支えるような働きをしています。II型は軟骨に多く含まれ、関節を守るクッションのような役目を担っています。

年齢とともに肌が老化したり、関節に痛みが生じたりしますが、これはコラーゲンの合成量と質が低下するたと考えられています。体内では古いコラーゲンを分解し、新しいコラーゲンをつくり出していますが、年齢とともにその代謝スピードは落ち、硬くて古いコラーゲンが増えます。これが肌の老化につながります。

ビタミンCと一緒に採取するのがおすすめ

摂取したコラーゲンは、そのまま体内でコラーゲンとして活用されるわけではありません。ほかのたんぱく質と同じように一度分解されてアミノ酸になり、体内でたんぱく質として再合成されます。

近年ではコラーゲン研究が盛んに行われ、コラーゲン摂取が肌や軟骨の健康維持に役立つという報告もあります。

コラーゲンの摂取目安量は定められていませんが、サプリメント摂取の際は上限を守ること。コラーゲン生成を助けるビタミンCと一緒に摂取するのがおすすめです。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.