サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

共役リノール酸 (CLA) 脂肪に効果的に働く不飽和脂肪酸(肥満、冷え性、花粉症に関連)

更新日:

善玉の脂肪と呼ばれる不飽和脂肪酸

共役リノール酸(CLA)は、不飽和脂肪酸の一種です。共役リノール酸はまわりの種子に天然のものが含まれていることが発見されています。牛や羊は反芻胃と呼ばれる胃を持ち、この中に棲む微生物が食べ物を消化し、成分を組み替えています。

このような反芻動物がリノール酸をたくさん含んでいる飼料を食べると、消化器国内の微生物がリノール酸を共役リノール酸に変化させます。

反芻動物の胃内に存在する微生物により生成されることから、一般の食品ではウシやヤギなどの食肉および乳・乳製品、家禽の食肉および卵などに含まれ、それらからの摂取が可能です。健康食品としては主にべに花油、大豆油などのリノール酸を多く含む植物油を異性化して工業的に合成されています。

肥満防止や花粉症対策

共役リノール酸は、体脂肪増加の抑制に効果があるといわれます。脂肪は消化管内で消化・吸収され、リポたんぱくリパーゼという酵素によく分解され、脂肪細胞内に蓄えられます。蓄えられた脂肪は、ホルモン感受性リパーゼによって分解され、エネルギーとなって使われますが、ホルモン感受性リパーゼがきちんと働かないと、脂肪は蓄積してしまいます。

共役リノール酸には、このホルモン感受性リパーゼの働きを活性化させる作用があります。
また、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きにより、血流が改善されるので冷え症の改善にも効果があり、抗酸化作用を持つので血管壁に酸化LDLが沈殿するのを防ぎます。

さらに花粉症などのアレルギー反応を抑制し、アレルギー反応の引き金となる物質の生成を抑える作用もあります。

運動前摂取とカルニチンとの併用

食事でとれる量は微量なので、運動前にサプリメントとして摂取するのが一般的です。体脂肪を効率よくエネルギーに変える働きをするので、カルニチンと併用すると、脂肪燃焼のサイクルに拍車がかかります。

過剰摂取が原因と思われる、便秘、下痢、軟便が報告されているので注意を要します。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.