サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

DHA(ドコサへキサエン酸) 常温でも固まりにくいn-3系の脂肪酸(動脈硬化、脳血栓、脳の老化防止)

投稿日:

生活習慣病の原因になりにくいオメガ3系不飽和脂肪酸

DHA(ドコサへキサエン酸)脂肪酸のn-3系の不飽和脂肪酸です。脂肪酸は、脂肪(中性脂の構成成分で、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。

飽和脂肪酸は、肉類や乳製品の脂肪、バター、ラード、牛脂などに多く含まれ、常温で固まる性質を持ち、とりすぎると動脈硬化など生活習慣病の原因となる脂肪酸です。

動物性の飽和脂肪酸が固まりやすい一方で、イワシ、サンマなどの青魚に含まれる不飽和脂肪酸は、常温で固まりにくい性質を持ちます。グリーンランドに住むイヌイットは、脳血栓や心筋梗塞などの生活習慣病の発症が非常に少ないという報告があります。

これは、アザラシなどの海獣、魚を好んで食べることと関係があります。これらには、DHAが豊富に含まれています。

脳出血や心臓病を予防し脳の老化防止にも有効

DHAは、脂肪酸の合成に関わる酵素の働きを抑制する作用があり、血液中の中性脂肪を減少させると考えらています。その結果、脳出血や心臓病などの予防に役立つとされます。

冠状動脈疾患に対して、経口摂取で有効性があると示されていて、食事から摂取するDHAを増やすと、死亡するリスクが低下するとされています。
また、血中のコレステロール値を調節することで、血栓や動脈硬化を防いでいると考えられています。さらに、DHAは脳に多く含まれています。

特に脳神経のシナプス部分に非常に多く存在し、神経伝達に重要な関わりを持ち、機能維持の働きを持つことから、脳の老化防止に大切な役目を果たすといわれています。

酸化しやすい性質

植物油に含まれるα-リノレン酸を摂取すると体内でEPAになり、そしてEPAからDHAに変換されます。EPAはとりすぎると血液が固まりにくくなり、出血しやすくなります。サプリメントを利用する場合は、表示されている摂取量を確認し、外傷や出血がある人は控えるようにします。

また、EPAとDHAは酸化しやすいので、ビタミンCやビタミンE、β-カロテンなど抗酸化成分と一緒にとるといいでしょう。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.