サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

食物繊維 腸内の乳酸菌を育て便通を助ける(便秘、整腸作用、糖尿病、脂質異常症、大腸がんに関連)

投稿日:

食物中の消化されない成分

食物繊維は、ヒトの消化酵素で消化されない食物中の難消化性成分の総称です。食生活の欧米化に伴い、ほとんどの日本人が不足気味の成分なので、積極的な摂取がすすめられています。

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に二分されます。水溶性食物繊維には、果物に含まれるペクチン、こんにゃくの主成分であるグルコマンナン、海藻に含まれるアルギン酸、ごぼうに含まれるイヌリン、などがあります。一方、不溶性食物繊維には、野菜などに含まれるセルロースやリグナン、甲殻類の殻に含まれるキチン・キトサンなどがあります。「特定保健用食品でおなかの調子を整える食品」として認められている成分の多くが食物繊維です。

腸内環境を整える

便秘の予防をはじめとする整腸効果だけでなく、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度を低下させて糖尿病や脂質異常症を予防するなど、多くの生理機能が明らかになっています。

人体に必要な栄養素であるたんぱく質や脂質、糖質などは、消化管の中で消化され、小腸から体の中に吸収されていきます。一方、食物繊維は、消化酵素の作用を受けずに小腸を通福して、大腸まで達します。

その大腸で食物繊維は便の体積を増やす材料となるとともに、腸内のビフィズス菌や乳酸菌の割合を増やして腸内環境を整え、腸内における発がん性物質やコレステロールを吸着し、体外に排出します。便秘予防や腸の働きの正常化だけでなく、代謝性疾患に対しても予防効果があることが認められています。

大量摂取やビタミン・ミネラル品との組み合わせに注意

大量の食物繊維を急に摂取すると、おなかがゴロゴロしたりガスが増えたりするので、分量は徐々に増やすのがよいとされています。

サプリメントで食物繊維を補っても、水分の摂取量が少ないとかえって便秘になりやすくなりますので、十分な水分補給が必要です。

ミネラルや脂溶性ビタミンの吸収を妨げる場合もあります。こうした薬「やサプリメントをとっている人は、摂取時間をずらすとよいでしょう。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.