サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

エリスリトール 糖質コントロールと虫歯予防に(虫歯、歯周病、口臭、肥満、糖尿病に関連)

更新日:

ゼロ・カロリーの甘味料

エリスリトールは、キノコや果物に含まれる糖アルコールに分類されます。甘味度が砂糖の75%程度ある天然の甘味料で、カロリーがほとんどないので糖尿病患者の食事にも使用されています。

水溶時に熱を奪う特性があり冷感を与えるので、ガムやキャンディ、清涼飲料水によく使われます。エリスリトールは野菜ジュースに0.5~1.0%ほど添加すると青臭さが抑制できるといわれています。また、化粧品の保湿成分としても用いられます。

虫歯予防と地質コントロール

「経口摂取されたエリスリトールは、小腸で非常によく吸収され血中に移行しますが、ヒトはエリスリトールの分解酵素をつくることができないので、血中では代謝されずに、摂取したエリスリトールの99%がそのまま尿中に排泄されます。
したがって血糖値が上がらないため、糖質コントロールには最適の成分といえます。また、虫歯の発生には、細菌・宿主・食事の3因子が関わっていますが、エリスリトールは、宿主因子と食事用印紙の除去に寄与します。エリスリトールは、虫歯の原因となる酸を発生させないため、虫歯を予防する効果があります。

コホート(対象集団追跡)研究において、キシリトールとエリスリトールを配合した錠剤を摂取することで歯周病原菌の一つであるミュータンス菌の発育抑制につながったという研究結果が出ています。

ストレスや疲労、加齢に伴って唾液の分泌量が減少し、口腔内の殺菌作用が弱まると、歯や舌などで細菌が繁殖し、その集合体である歯垢や舌苔が生じます。エリスリトールは口腔内の細菌集合体を分散させるため、口臭を防ぐ効果があるといわれています。

摂取しすぎで胃腸不調も

大量摂取するとおなかがゆるくなることがあります。一般的に、単位体重あたりの量は、成人では男性0.66g/kg体重、女性で0.80g/kg体重だといわれています。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.