サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

フェルラ酸 イネ科植物由来のポリフェノール(シミ、脳機能低下、アルツハイマー病、高血圧に関連)

投稿日:

酸化防止剤、化粧品使用が承認されたポリフェノール

フェルラ酸はイネ科植物の細胞壁に多く含まれるポリフェノールです。抹茶の退色防止やバナナの黒変防止などの酸化防止剤としての使用が認められています。

原料は米椒、とうもろこしです。メラニン色素をつくるチロシナーゼという酵素に働きかけて、シミの原因となるメラニンの生成を抑えたり、紫外線の吸収性が強いことから多くの化粧品に配合されています。

フェルラ酸は、糠として除去されてしまう米や小麦の糊粉層に、多く含まれています。精米技術の低い時代はフェルラ酸含有量が多い米が普通でしたが、精米技術が上がった今は、不足気味です。

脳機能改善、高血圧予防、皮膚保護

脳機能の改善や高血圧の改善などの効果、軽度のアルツハイマー病の症状改善にも効果があるとされています。

ラットを使った実験では、フェルラ酸に脳神経保護作用があることが明らかになっています。また、アルツハイマー病モデルマウスを対象としたフェルラ酸投与試験で、脳内の活性酸素が抑制されたことから、アルツハイマー病、認知症予防にも役立つと期待されてす。

フェルラ酸は、傷んだ脳細所復し、細胞が自ら死んでしまうのを防いでくれる脳細胞保護効果があるかめ、学習記憶向上効果も期待できます。

皮膚にフェルラ酸とビタミンC、Fの混合溶液を塗布した後、紫外線を昭射した場合、皮膚の傷害が緩和されるとする研究成果から、皮膚保護作用を、あると期待されています。フェルラ酸は紫外線を吸収し、メラニンの生成を抑制することから肌の色素沈着を防ぎ、透明感をもたらし、美白効果が期待できます。

またHDL(善玉)コレステロールを活性化させることで、LDL(悪玉)コレステロールの増加を防ぎ、動脈硬化などの疾患の予防効果も期待されます。

摂取量のコントロール

フェルラ酸は興奮系で、攻撃的になるなどの副作用が出る場合がまれにあるともいわれていますので、摂取量には注意が必要です。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.