サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

フコイダン ヌルヌル成分が免疫力をつけ、身体を守る(免疫力低下、ピロリ菌、がん、脂質異常症に関連)

投稿日:

海藻の自己修復成分で、褐藻類に含まれる

海藻の表面にある独特のヌルヌルした成分、その一つがフコイダンです。フコースいう単糖類を主成分とする多糖で食物繊維の一種です。海藻の中でも昆布、ワカメ、モズク、ひじきなど褐藻類と呼ばれる種類だけに含まれています。

フコイダンは海藻が潮の流れや衝撃で傷ついたときの修復、また周囲の微生物に食べられないそう自分自身を守るために必要だといわれています。

フコイダンを多く含むのは、モズクですが、なかでも沖縄モズクはフコイダンの含有量が高いといわれています。

免疫システムの維持促進、胃粘膜保護

フコイダンには、外敵から体を守る「免疫システム」を助ける働きもあります。加齢、活性酸素、ストレスなどで体内での免疫力は少しずつ低下しますが、弱っているところにウイルスなどが侵入してくると病気になってしまいます。フコイダンは、細菌に感染し湘胞を死滅させる働きを持つナチュルキラー(NK)細胞の活性を高める作用も持っているとされています。

さらに血液中のコレステロールや中性脂肪を抑える働きも認められています。また独特のヌルヌルはフコイダンの持つ硫酸基の特徴ですが、このヌルヌルで胃の粘膜を保護し、ピロリ菌などを吸着して体外に排出する効果もあるとされています。

ピロリ菌は胃の弱った部分にくっついて増殖し、胃潰瘍や胃がんなどの原因となる菌です。さらに、すでに炎症を起こしている部分にも働きかけ、修復してくれる作用もあるとされています。

また、フコイダンの一種であるUフコイダンは、アポトーシス(細胞の自死)に働きかけ、がん細胞を死滅させる働きがあり、がんの治療に効果的との報告があります。フコイダンは、食物不耐症の原因になるレクチンの受容体として機能するため、食物不耐症の予防食として期待されています。

酢と一緒に食べるとよい

フコイダンを多く含む海藻は、酢(クエン酸)と一緒に食べることで、消化吸収がよくなりますので、「酢の物」がおすすめです。フコイダンは熱に強いため、おでん、味噌汁や天ぷらもおすすめです。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.