サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

グルコマンナン 満腹感によるダイエット効果と便通改善効果(ダイエット、便秘、肥満、糖尿病、脂質異常症に関連)

更新日:

水溶性食物繊維で別名コンニャクマンナン

グルコマンナンは水溶性食物繊維です。グルコースとマンノースが結合した多糖類であることから、グルコマンナンと名づけられました。

こんにゃくの主成分であるため、コンニャクマンナンともいわれます。
水に触れると粘り気のあるゲルをつくり膨張することから胃で膨らむので満腹感を得られる効果並びに便通を改善する効果があるとされ、ダイエット食品の原料に利用され、生活習慣病予防への貢献も期待されています。

コレステロールの低下、血糖管理に適し、糖尿病対策にも

グルコマンナンのダイエット効果は、食事前に摂取することで、胃の中で膨張し、食欲が減退するとされていますが、それだけに留まらず、肥満成人の血中コレステロールや中性脂肪の低下に経口摂取で有効性が示されています。また、糖尿病患者が経口摂取で、血中コレステロールを低下させたとの報告もあります。

グルコマンナンが腸内細菌で分解されオリゴ糖ができ、オリゴ糖がビフィズス菌を育てて腸内環境を整えていくといわれています。また、便をやわらかくして便通を促すので、便秘を解消する効果があるといわれています。

複数報告のまとめ分析でも、糖尿病や肥満症などの代謝疾患の患者に対するグルコマンナン投与は、総コレステロール値、LDLコレステロール値、中性脂肪値、体重、空腹時血糖値を改善させるという結果が出ています。

糖尿病になるとインスリンの分泌低下および反応性の低下が起きるため、血中のブドウ糖が組織に取り込まれず、食後に血糖値が急上昇することがあります。
グルコマンナンはこの血糖値上昇を抑制するので、糖尿病予防にも役立つとされています。

大量摂取やビタミン・ミネラルとの組み合わせに注意

とりすぎにより下痢などの胃腸の不調を起こすことが報告されています。また、妊娠中・授乳中の使用は避けたほうがよいとされています。空腹時および食後血糖値を低下させることで、糖尿病患者では血糖コントロールに影響が出るため、血糖値のモニタリングを行いながら使用する必要があります。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.