サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

グルコサミン 軟骨をつくるのに不可欠な栄養素で関節炎を改善(変形性関節症、腰痛、食欲不振に関連)

更新日:

生体内の代表的なアミノ糖

グルコサミンは、グルコースにアミノ基が付いた代表的なアミノ糖です。動物の皮膚や軟骨、甲殻類の殻に含まれています。工業用材料にはカニやエビなどの甲殻由来のキチンを塩酸などで分解する製造法が使用されています。ヒトの体内でも合成されますが、中高年期では減少気味になるため、意識的にとる必要が出てきます。

軟骨生成に不可欠な成分。食欲不振を防止する働き

アミノ糖は糖たんぱく質を構成する成分で、ヒトの体にも存在しており、軟骨や爪、じん帯、皮膚などに分布し、細胞間や組織どうしを結びつける結合組織の役割を果たしています。加齢や肥満による関節の酷使に加え、代謝の低下や運動不足によって軟骨の減少が著明になると、腰痛や膝の痛みが生じ、変形性関節症を招くおそれがあります。

グルコサミンは、軟骨をつくるために必要不可欠な栄養素の一つですので、上記諸症状の軽減を目的として用いられます。食欲不振を改善することから、がんの進行による急激な痩せと衰弱を食い止め、体力向上に役立つ効果も期待されています。下肢潰瘍に対して外用有効性を示した研究成果もあります。

また、統合失調症患者の陰性症状(音欲低下や感情鈍麻など)に対する改善効果も認められています。

甲殻類アレルギーに注意コンドロイチンとの併用

グルコサミンを含む食品やサプリメントは、甲殻類にアレルギーがある人はとり方に注意が必要です。まれに胃の不快感や食欲減退などの症状が現れることがあります。その場合は、医師への相談や摂取量の調節などで適宜対応することをおすすめします。

また、変形性関節症に対する有効性は、コンドロイチンを併用することで高められるとされています。グルコサミンの製品の多くにコンドロイチンが含まれているのはこのためです。

グルコサミンとコンドロイチンの両者が一緒になっている成分としては、ムコ多糖が挙げられます。甲殻類アレルギーの人や、食物としてとりたい人には、山いもなどが適しています。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.