サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

グリシン 睡眠の質の向上に作用するアミノ酸(睡眠障害、睡眠時無呼吸症候群、美肌、肌荒れに関連)

更新日:

睡眠に関わる必須アミノ酸

皮膚、筋肉、臓器、ホルモンなど、人体の大部分はアミノ酸から構成されています。体を構成する20種類のアミノ酸は、体内でつくることができない「必須アミノ酸」9種類と体内でつくることができる「非必須アミノ酸」11種類に分けられます。

グリシンは、生体内ではセリンから生合成される非必須アミノ酸で、生体内の重要な物質(ポルフィリン、プリン、クレアチン、グルタチオン)の原料になります。

特に、睡眠に関わるアミノ酸として注目されています。グリシンは、エビやホタテなどの魚介類に多く含まれており、独特の甘さを持っています。

指定添加物(用途:調味料、強化剤)としての使用が認められています。耐熱性菌(加熱に強い菌)の生育を抑える効果があるため、日もち向上剤としても利用されています。

睡眠の質向上

臨床試験で、偽薬としてグリシンを飲んでいた参加者の中に体のだるさや睡眠の不調が回復した人がいました。その後、グリシンと睡眠についての研究が始まり、目覚めがすっきりしない人にグリシンを摂取して眠ってもらうと、深い眠り(ノンレム睡眠)に至るまでの時間が短くなり、目覚めたときの気分が爽快になることがわかりました。

グリシンが睡眠時無呼吸症候群の症状改善に効果的という報告もあります。また、統合失調症患者の陰性症状(意欲低下や感情鈍麻など)の改善したとの報告もあります。

グリシンには肌を美しくする働きもあります。皮膚にあるコラーゲンをつくっているアミノ酸のうち、3分の1はグリシンです。そのため、グリシンをとると皮膚のバリア機能が高まり、肌あれが改善する効果も確認されています。さらに、寝ついてから最初の深い眠りのときに、成長ホルモンがたくさん分泌されます。成人にも成長ホルモンは大切で、日中に傷ついた皮膚の細胞のメンテナンスをしてくれます。

大量摂取でまれに腸の不具合

大量摂取した場合、まれに、吐き気・嘔吐、上部消化管の不快感、軽い鎮静がみられ、摂取中止で急速にこれらの症状は解消するとの報告があります。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.