サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

イノシトール 脂肪肝を防ぎ、生活習慣病を予防(脂肪肝、動脈硬化、脳の老化防止、パニック症候群に関連)

更新日:

ビタミンB群のような働きをする糖質の仲間

イノシトールは、糖質の仲間の糖アルコールで、甘みはあるものの消化吸収されにくいという特徴がありますが、その働きから、ビタミンB群の一種ともいわれています。
食品添加物や栄養強化剤としての使用が認められており、脂肪肝や動脈硬化の抑制に働き、脳細胞に栄養を与える効果があるといわれています。
また、人間の初乳に多く含まれ、乳児に欠かすことのできない成長物質ともいわれており、粉ミルクに添加されています。

生活習慣病の予防と神経の働きを正常に保つ機能

イノシトールには脂肪肝を防ぐ効果があります。イノシトールは抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれ、脂肪の流れをよくして、肝臓に余分な脂肪が蓄積しないようにコントロールする働きを担っています。血管や肝臓の脂肪やコレステロールの代謝に働くので、脂肪分の多い食事が好きな人やお酒を飲む量が多い人は、イノシトールを十分に摂取していれば、血管にコレステロールが蓄積して起こる動脈硬化の予防も期待できます。
イノシトールは、ホスファチジルイノシトールというリン脂質の構成成分です。リン脂質は細胞膜に含まれている成分で、特に神経細胞の膜に多く存在し、脳細胞に栄養を供給、神経の働きを正常に保つ働きを担っています。パニック症候群並びに強迫性障害の治療に、有効性が示されています。パニック症候群患者を対象とした比較試験で、イノシトール摂取により、重症度と発作の頻度および広場恐怖症の重症度が低下したという報告があります。

うつ病患者を対象とした比較試験で、イノシトール摂取により、うつ病評価尺度によるスコアが改善したという報告と、改善した患者がイノシトール摂取をやめるとすぐに再発したという報告があります。

カルシウムと同時に摂取すると吸収が半分に

イノシトールの体内合成量には限界があり、毎日の食事やサプリメントで摂取することが大切です。カルシウムの多い食事の場合、カルシウムイオンと結合体を形成しイノシトールの吸収は半減するといわれていますので、注意が必要です。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.