サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

イヌリン 腸内の乳酸菌を育て便通を助ける(糖尿病、便秘、脂質異常症に関連)

更新日:

腸内細菌を育てる食物纖維

イヌリンは難消化性の多糖類で、腸内細菌が利用できる水溶性の食物繊維です。食物繊維は、ヒトの消化酵素で消化されない食物中の難消化性成分の総体です。ごぼう、きくいもなどのキク科植物に多く含まれます。食品添加物としてもよく知られている栄養素です。便秘予防などの整腸効果だけでなく、血糖値の上昇を抑制し、血液中のコレステロール濃度を低下させて糖尿病や脂質異常症(高脂血症)を予防するといわれています。食生活の欧米化に伴い、不足気味の成分です。

腸内環境を整える作用

たんぱく質や脂質、糖質などは、消化管の中で消化され、小腸から体の中に吸収されますが、食物繊維は消化酵素の作用を受けずに小腸を通過し、大腸まで達します。食物繊維は便の体積を増やすとともに、腸内のビフィズス菌や乳酸菌の割合を増やすことによって腸内環境を整え、腸内における発がん物質の生成を抑えます。便秘予防や腸の働きを正常にするだけでなく、代謝性疾患に対しても予防効果があります。おなかの調子を整える時に食品の成分の大半が食物繊維です。

イヌリンは、果糖がつながった多糖類で、小腸で吸収されないため、血値が上昇しません。インスリンのも抑えられるので、膵臓のインス生産能力修復により、糖尿病の改能。つながると考えられています。また、ヌリンは、マクロファージやナチュラルキラー(NK)細胞を活性化し、免疫力を高める働きもあるといわれています。
便秘症の高齢女性を対象とした比較試験で、腸内細菌環境と便通の改善が認められたという報告やII型糖尿病の女性患者を対象とした比較試験で、空腹時血糖、HbAlc、総コレステロール値、トリグリセリド、LDLコレステロール値などの低下が認められたという報告があります。

大量摂取の副作用に注意

大量に摂取した場合、副作用として胃腸のガス、腹部膨満感、胃痙攣が発生することがあります。おなかがゴロゴロする、ガスが増えるという兆候が現れたら、分量を調節し十分に水分補給をすることが必要です。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.