サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

ヨウ素、ヨード 甲状腺に存在し、基礎代謝調節に重要な働き(殺菌作用、脱毛、貧血、体力低下、倦怠感、成長障害、精神障害に関連)

投稿日:

必要不可欠な海からのミネラル

ヨウ素は、ヒトにとって必要不可なミネラルの一つで、ヨードとも呼ばれます。

ヨウ素は、ヒトの体内では甲状腺に多く存在し、成長期の発達や基礎代謝調節で重要な働きをしている甲状腺ホルモンの構成成分として、必須の元素です。

甲状腺は、代謝の維持に必要なさまざまなホルモンを分泌する器官です。ヨウ素には殺菌作用もあり、手術前に使用される消毒液や、うがい薬などに使われています。主に海中の有機物として存在するヨウ素は、魚や海草類に多く含まれます。

甲状腺ホルモンの構成成分として代謝機能を維持

食事から摂取したヨウ素は、胃と腸で吸収されて血液で運ばれ、甲状腺に畜積されます。甲状腺は、代謝維持に必要な多くのホルモンを分泌する器官で、ヨウ素は主にトリヨードチロニンとナロキシンという甲状腺ホルモンの材料となります。

トリヨードチロニンはチロキシンからもつくられますが、そのためにはセレンを含む酵素が必要となるため、セレンが不足すると甲状腺機能低下症が起こる可能性があります。

ヨウ素不足により、脱毛、貧血、体力の低下、倦怠感、成長障害などの症状が出るといわれています。

ヨウ素は、子どもの精神の成長にも関与しています。妊婦によるヨウ素サプリメント摂取や妊娠中の母体および出生時の子どものヨウ素濃度の高さは、子どもの5歳までの精神発達と相関関係があるとされています。イギリスのコホート研究では、妊娠初期の尿中ヨウ素/クレアチニン比の低い妊婦の子どもは、8歳時の言語能力が低かったという研究結果があります。

ヨウ素欠乏により神経障害、情緒行動障害、神経筋肉障害などが起きたとの事例報告もあります。

過剰摂取には要注意

過剰摂取から、甲状腺腫、甲状腺機能亢進症、体重減少、頻脈、筋力低下、皮膚熱感などが発生する可能性があるので、注意を要します。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.