サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

イソフラボン 女性ホルモンと同様の働きで骨粗しょう症を予防(更年期障害、骨粗しょう症、乳がん、動脈硬化、高コレステロール血症に関連)

更新日:

植物由来のポリフェノール女性ホルモンに類似する機能

イソフラボンは、植物性ポリフェノールの一つです。女性ホルモンのエストロゲンと似ているため、「フィトエストロゲン(植物エストロゲン)」と呼ばれます。大豆、レッドクローバー、葛、甘草などのマメ科の植物に多く含まれています。

更年期障害の症状軽減

体内でエストロゲンと同じような働きをするが、作用は穏やかといわれています。エストロゲンは女性に月経をもたらし、女性の体つきや美しい肌をつくっています。また骨からカルシウムが溶け出すのを抑える働きをもち、「動脈硬化、高コレステロール血症を予防します。イソフラボンも同様の作用をもっています。またエストロゲンが過剰な状態にあるときは、エストロゲンの受容体にイソフラボンが結合し、エストロゲンの働きを抑える抗女性ホルモン作用もあります。
エストロゲンは更年期障害に深くかかわっており、エストロゲンが少なくなることでイライラやのぼせ、頭痛な
どの症状が出てきます。イソフラボンがエストロゲン作用を補うことで、更年期特有の症状であるのぼせやむくみなどを軽減させるという報告もあります。その一方で、過剰なエストロゲンにより高まる乳がん発症のリスクを抑える効果も期待ができます。閉経後の女性対象の比較試験で、総コレステロール、LDLコレステロール、トリグリセリド濃度が低下したという報告があります。特に、BMIが25以上の対象者の傾向が高かったとのことです。

II型糖尿病、更年期障害ののぼせなどに対しての有効性が示されています。

個人差のあるイソフラボンの効果

サプリメントは、大豆を原料とした「大豆イソフラボン」と表示されています。この大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が腸内菌の力によってエクオールをつくるのです。
ところが、日本人の約5割は、大豆イソフラボンからエストロゲンに似た働きをするこのエクオールを体内で産生することができない、という最近の研究結果があります。そうした体質の人のために、エクオールを含んだサプリメントが開発されています。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.