サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

乳酸菌 腸内の環境を整え、免疫力をアップする(整腸作用、アレルギー疾患、ピロリ菌、インフルエンザ、免疫力低下に関連)

投稿日:

乳酸をつくる微生物の総称概要独自の機能を持つものも

乳酸菌はオリゴ糖などの糖を発酵させて乳酸をつくり出す微生物の総称です。自然界に広く分布し、ヨーガやキムチ、ぬか漬けなどの発酵食品の製造にも使用されます。

乳酸菌にはさまざまな種類があり、ビフィズス菌やブルガリア菌も乳酸菌の一種です。近年では抗アレルギー効果のある乳酸菌、ピロリ菌を排除する作用のある乳酸菌、インフルエンザ予防効果のある乳酸菌など独自の機能を持つ乳酸菌などの研究が進み、次々に商品化されています。

腸内環境を改善し免疫力をアップ

人の腸内には500種類、100兆個以上の細菌が生息しているといわれ、それらの細菌は大きく分けて3種類あります。一つは乳酸菌などの善玉菌で、そのほか、有害物質をつくり人体に悪影響を及ぼす悪玉菌、体調が悪化すると体に悪影響を及ぼすように働く日和見菌が存在しています。

赤ちゃんのときは善玉菌が優勢ですが、年齢とともに悪玉菌が増え、悪玉菌がつくり出す有害物質によって腸の老化が進みやすくなります。

けれども、乳酸菌を補給することで悪玉菌は減り、腸内環境を改善することも可能です。腸内で乳酸菌が増えると、腸が刺激されて便通が改善されるほか、菌がつくる乳酸が腸内を微生にして病原菌の繁殖を防ぎます。また、乳戦菌には免疫力をアップする働きもあり、アレルギー症状を緩和する作用があることもわかってきています。

人体に有益な乳酸菌を使った食品を総称して「プロバイオティクス」といいます。プロバイオティクスの作用は腸内環境の改善、免疫力アップ、発がんリスクの低減、アレルギーの低減、血中コレステロールの低下、血圧の降下作用など多岐にわたります。

抗生物質投与時は清極的に乳酸菌補給を

抗生物質の長期間投与により、腸内の善玉菌が減少することがわかっています。このような場合、ヨーグルトやサプリメントなどで乳酸菌を補給するのがおすすめ。乳酸菌は多く摂取しても特に問題はないとされています。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.