サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

ラクトトリペプチド 乳酸由来の血圧降下作用を持つアミノ酸(高血圧、血管硬化に関連)

投稿日:

3つのアミノ酸がつながったペプチド

ラクトトリペプチドは、脱脂乳を乳酸菌や酵母などで乳酸発酵させてできた酸乳に含まれるペプチドで、文字通り乳(ラクト)由来の3つ(トリ)のペプチド(アミノ酸の結合したもの)です。

酸乳には、血圧の上昇に関わるアンジオテンシン変換酵素(ACE)の活性を阻害する物質が含まれています。酸乳からACE阻害活性を指標に成分の分離・精製してできる2種類のペプチド、VPP(バリン-プロリン-プロリン)とIPP(イソロイシン-プロリン-プロリン)がラクトトリペプチドの構成成分です。

VPPとIPPは、「カルピス菌」を構成する乳酸菌ラクトバチルス・ヘルベティカスの持つたんぱく質分解酵素の働きにより生成されます。乳酸菌の中でも特にラクトバチルス・ヘルベティカスのたんぱく質の分解力は強いため、この菌で作った発酵乳は、ほかの乳酸菌で作った発酵乳よりもVPPとIPPが多く含まれるとされています。

血圧低下と血管を柔軟に保つ機能

経口摂取されたVPP、IPPは小腸吸収され、大動脈に到達し、ACEを阻害することにより血圧降下作用をもたらすことがわかっています。

ラクトトリペプチドの摂取は収縮期および拡張期血圧の低下との関連が認められています。

硬くなってしまった血管はなかなか元に戻らないといわれていますが、ラクトトリペプチドのVPPには、単球の接着を防ぎ、血管の詰まりを予防する働きがあるので、血管年齢の若返り効果が期待されています。

服用しても、副作用なし

特定保健用食品では個別に製品ごとの安全性・有効性が評価されており、ラクトトリペプチドを関与成分とし「血圧が高めの方に適する食品」との表示が許可された食品があります。

トクホ製品の8週間の飲用試験でも、血圧変化以外には心拍数、血液成分、尿成分の変化、および空咳、消化器症状などの副作用はなかったと報告されています。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.