サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

レシチン 記憶力や学習能力を高めるリン脂質(高血圧、動脈硬化、脳の老化防止、皮膚炎、乾燥肌に関連)

投稿日:

生体膜の主要成分、情報伝達物質

レシチンは、リン脂質の一種で、細胞膜など生体膜を形成する主要成分です。また、脳、神経、細胞間の情報伝達物質としてそれぞれの機能調節を司るほか、肝臓の代謝活動にも深く関わっています。

レシチンを多く含む食品の代表格が、大豆と卵黄です。これらを食べることで摂取できるほか、大豆レシチンのカプセル剤や、レシチンベースのサプリメントもあります。プロテインやビタミン剤をはじめとする各種の健康食品にも配合されています。

レシチンは、水と脂を混ざりやすくする乳化性と潤滑性という2つの特性を持ち、お菓子の添加物によく使用されます。

脂肪の代謝を活発化、肥満予防も

レシチンはリン酸、グリセリン、脂肪酸、コリンで構成されています。リン酸とコリンの部分は水に溶けやすい親水性であり、脂肪酸とグリセリンの部分は、親油性です。本来は溶け合わない水と脂が、レシチンの介在によってよく混ざるようになります。脂が水に乳化すると、脂肪(脂質)の代謝が活発になり、動脈硬化や高血圧を予防することができるのです。

乳化性によって脂肪の代謝を促しますので、肥満の予防・解消にも有効です。
経管栄養を行っている患者の肝臓脂肪症の改善に、レシチンの経口摂取が有効との報告があります。

レシチンは脳に多く存在することから「脳の栄養素」とも呼ばれています。先に述べた情報伝達物質としての働きによって、忘れやすいなどの認知症の予防に役立つと考えられています。このほかには、ビタミンAやビタミンEなど、脂溶性のビタミンの吸収を高めてくれます。

レシチンの水和物は皮膚炎と乾燥肌の保湿剤として利用されており、皮膚炎と乾燥肌に対する有効性を示す研究報告もあります。

卵、大豆アレルギーの人は要注意

卵や大豆にアレルギーを持つ人は、レシチンがアレルギー性皮膚反応を起こす可能性があり、要注意です。経口摂取の副作用として、下痢、吐き気、腹痛、肥満が起きることがまれにあります。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.