サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

ルテイン 目の健康維持に必要なカロテノイド

投稿日:

黄斑の健康概要状態を保つ

カロテノイドは600種類以上存在し、β-カロテンやα-カロテンなどのカロテン系とルテインやゼアキサンチンなどのキサントフィル系に二分されます。

ルテインはキサントフィルに分類され、クロロフィルという葉緑素とともに植物の葉や花に含まれ、色を示す成分です。

ルテインは、植物の緑葉、黄色花の花弁や果実、卵黄など、広く分布するカロテノイドですが、ビタミンAには変換されません。

ほうれん草、ケール、とうもろこし、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれ、植物が光合成を行うときに必要な色素です。

体内では、同じカロテノイドの仲間であるゼアキサンチンとともに網膜の中の黄斑部に多く存在し、黄斑の健康を保っている物質です。

ブルーライトリスク予防と加齢黄斑変性症の予防

網膜の黄斑部に太陽光線やパソコンのモニター、テレビ、蛍光管などから青色光、ブルーライトが当たると、活性酸素が発生します。その活性酵素が黄斑部にある脂質を酸化させ、視力を低下させますが、ルテインはこのブルーライトリスクを予防します。

疫学調査で、食事からルテインを多く摂取すると、白内障、加齢黄斑変性の発生リスクの低減が認められました。

ルテインは、光の中でも目に有害な青色光を吸収するとともに、抗酸化作用を発揮して黄斑部の酸化を防ぎます。黄斑変性症の予防やその症状緩和にルテインが用いられることがあります。

また近視や乱視を含め、目の病気は活性酸素による光老化が原因と考えられています。加齢黄斑変性症だけでなく、白内障も水晶体内のたんぱく質が老化とともに少しずつ白濁するためといわれており、ルテインは白内障にも効果があるとみられています。

ブルーベリーも同時に摂取

同じく目の健康によいブルーベリーとは働きや特徴が異なりますので、両方をとるとよいでしょう。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.