サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

リコピン トマトに多く含まれる抗酸化物質(動脈硬化、シミ、シワ、美肌、がん、視覚機能低下に関連)

投稿日:

抗酸化力を持つ植物由来のカロテノイド

リコピンはカロテノイドの仲間で、トマトなどの野菜やスイカ、ルビーグレープフルーツ、あんず、グァバなどの果物に含まれる赤い色素成分です。リコピンを最も多く含んでいるのがトマトです。緑黄色野菜の中では、唯一トマトだけがリコピンを含んでいます。

抗酸化力はビタミンEの100倍、抗がん作用も

リコピンの摂取は収縮期血圧の低下、総コレステロールとLDLフレステロール値の低下をもたらすとされています。また、リコピンは強い抗酸化力を持つとされ、その効力はビタミンEの100倍、β-カロテンの2倍ともいわれています。

活性酸素は、細胞がエネルギーをつくるときに発生してしまうものですが、体内で活性酸素が増えると、細胞を酸化させるため身体機能が衰えてきます。例えば動脈硬化は、血中のコレステロールが酸化LDLとなり血管壁にたまることが一因で起こりますが、これも活性酸素の作用によります。

リコピンが活性酸素を除去することで、動脈硬化予防する一つの手段になります。また肌を紫外線の守り、シミ、シワを抑え、肌を美しくしてくれる可能性があります。

リコピンは、体内では前立腺に多く含まれていますが、リコピンを摂取することによって、前立腺がんのがん細胞が減少するという研究があります。

さらに前立腺がんだけでなく、胃がや肺がん、子宮がんなどほかの部位でも、リコピンが、がん細胞の増殖を抑える可能性があります。ほかにも、活性酸素が原因の視覚機能低下にも有効です。

加齢による視覚障害の予防にはルテインが有効ですが、リコピン&ルテインとの相互作用で効果を発揮するとされています。

生より加工品の品含有量が多い

トマトに含まれるリコピン量は熟成度によって大きく異なります。リコピンは熱に強く壊れにくいので、効率よくとるためには、ジュースやトマトピューレ、ホールトマトなど、完熟トマトの加工品をとるのが有効です。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.