サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

中鎖脂肪酸 脂肪をつきにくくする機能(運動持久力、メタボリックシンドローム、肥満に関連)

投稿日:

医療・介護現場で概要使用されている飽和脂肪酸

中鎖脂肪酸は、炭素どうしの二重結会を持たない飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸は、炭素を結ぶ鎖の長さによって、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸に分けられます。

中鎖脂肪酸は、水にみやすく、融点が低い性質を持ち、母乳、牛乳、パーム油、ココナッツ油に豊富に含まれています。

脂肪になりにくい脂肪酸、効率作用のよいエネルギー源

中鎖脂肪酸は、脂肪酸の中で最も中性脂肪になりにくく、体内に余分なエネルギーをため込みません。

なぜなら中鎖脂肪酸は消化・吸収のために胆汁酸を必要とせず、そのまま小腸から吸収され、門脈を経由して直接肝臓へと運ばれ、すばやく分解されるからです。つまり、摂取してから効率よくエネルギーとして利用されるので、脂肪をつきにくくする効果があるのです。

中鎖脂肪酸には、血液中の乳酸の濃度を下げることによって運動による疲月をやわらげ、持久的な運動能力を高める効果があるとされています。運動持久力が高くなる理由は、中鎖脂肪酸の働きによって、脂肪のエネルギー源としての利用が高まるためです。

つまり糖質の代わりに脂肪をエネルギー源にすると、乳酸が筋肉に蓄積しませんし、1gあたりのカロリーも、糖質4kcalに比して9kcalなので効率よくエネルギーが得られるのです。また、中鎖脂肪酸摂取が、血液中のアディポネクチンの濃度を上昇させるという試験結果があります。

アディポネクチンは、脂肪細胞から血液中に分泌されるホルモンで、糖尿病や動脈硬化を予防する効果が示されています。
メタボリックシンドロームのリスクのある人が、中鎖脂肪酸を含む油を3カ月間摂取することで、体脂肪、内臓脂肪面積、体重、ウエストが減少したという結果が出ています。

過剰摂取で胃腸の不調

過剰摂取により、下痢、嘔吐、局所、刺激、吐き気、胃腸の不調、脂質欠乏などの報告があるので、要注意です。また、糖尿病、肝硬変の人も要注意です。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.