サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

メチルスルフォニルメタン(MSM) 必要不可欠な有機硫黄化合物(肌のトラブル、関節痛、筋肉痛、炎症抑制、アレルギー性鼻炎に関連)

投稿日:

アミノ酸の構成要素の供給源

メチルスルフォニルメタンは自然界に広く存在する天然の硫黄化合物です。頭文字をとって「MSM」と呼ばれます。

牛乳、コーヒー、トマト、茶、ビール、とうもろこし、アルファルファなどの食品や一部の藻類、ヒトをはじめとする動物の副腎、乳汁、尿にも含まれています。

硫黄は肌のトラブルに有効な働きがあるため、医薬品のスキンクリームや軟膏に利用されています。

コラーゲン保持機能、筋肉痛、関節痛の緩和

メチルスルフォニルメタンが供給する硫黄はヒトの体内のたんぱく質に含まれるミネラルで、皮膚、髪、爪の形成の過程で働いています。

また、骨や皮膚、そして細胞組織に必要なコラーゲンを保つ働きがあり、健康的な体の組織をつくります。関節痛や筋肉痛を緩和する効果並びに炎症を抑える効果も期待されています。

変形性関節症は、膝、股関節の軟骨組織と周囲の組織に変性が起こり、関節のこわばり、機能障害を生じるもの。

関節リウマチは、関節の滑膜細胞が増殖し、骨や軟骨の破壊を伴った関節炎を起こす自己免疫疾患ですが、メチルスルフォニルメタンは、これら関節リウマチや変形性関節症の炎症緩和に有効です。膝の変形性関節症患者を対象とした

比較試験で、メチルスルフォニルメタンの摂取で、痛みと身体機能の改善報告や、花粉症などの季節的アレルギー性鼻炎の症状緩和の報告もあります。

硫黄はビタミンB1やパントテン酸と結合して補酵素となり、糖質や脂質の代謝をサポートする役割もあるといわれています。さらに、有害ミネラルの蓄積を防ぐ、肝臓の胆汁分泌を助けるなどの作用があります。

多量摂取で吐き気、下痢等の症状

多量に経口摂取した場合の副作用として、吐き気、下痢、頭痛、疲労感、不眠などがありますので、適量摂取を心がけてください。妊娠中、授乳中は使用しないほうがよいとされます。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.