サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

ナイアシン 脂質や糖質、たんぱく質からエネルギーをつくる(エネルギー代謝、老化、二日酔いに関連)

投稿日:

体内で最も多い水溶性ビタミン

ナイアシンは体内に最も多く存在する水溶性ビタミンで、ビタミンB群の仲間です。
食品に含まれるナイアシンは体内でニコチン酸として吸収され、ニコチンアミドに変わります。エネルギー代謝や、二日酔いのもとになるアセトアルデヒドの分解をはじめ、さまざまな代謝過程で補酵素として働きます。

ナイアシンは魚介類やレバー、キノコ類をはじめ、さまざまな食品に含まれ、体内でもアミノ酸のトリプトファンを材料にして合成されます。

必要エネルギーの6~7割の産生に関与

ナイアシンは主に補酵素として働きます。特に細胞内のミトコンドリアで糖質、たんぱく質、脂質からエネルギーをつくり出すプロセスにおいて、重要な役目を担っており、体内で必要なエネルギーのうち、6~7割はナイアシンの働きによって生み出されているといわれます。

また、アルコールを摂取したときに体内でつくられるアセトアルデヒドを分解するときも補酵素として働くほか老化や疾病の原因にもなる活性的素の除去酵素を助ける働きもあります。

過剰摂取で皮膚のかゆみなどを一時的に引き起こすことも

ナイアシンの欠乏症としてはペラグラという皮膚病が知られています。うもろこしを主食とする中南米などでみられる病気で、ナイアシンを含む食品の摂取が少ないうえ、とうもろこしにはトリプトファン含有量が少ないことが原因とされます。

ナイアシンは熱に強いので調理しても成分が変化することはないうえ、体内でも合成されるので、日本人の通常の食生活では欠乏する心配はほとんどありません。ただし、大量に飲酒する習慣がある人は、アセトアルデヒドが分解されるときに多く使われるため、欠乏する可能性があります。

一方、ナイアシンを過剰に摂取すると、ヒスタミンが遊離して一時的に血管が拡張して皮膚が赤くなったり、かゆみを引き起こすことがあります。日常の食生活で過剰摂取の心配はありませんが、サプリメントを使用する際はとりすぎないこと。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.