サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

パントテン酸 エネルギー代謝に効く水溶性ビタミン(足の疼痛、不眠症、手足の知覚異常、皮膚炎に関連)

投稿日:

さまざまな食品に含まれエネルギー代謝に関与

水溶性ビタミンの一つで、広く動植物性食品に含まれています。脂肪、糖質、たんぱく質の代謝や、脂肪酸の合成に重要な働きをします。パントテン酸は、コエンザイムA(CoA)の構成成分であり、脂肪酸と結合すると、アセチルCOAやアシルCoAを生成します。アセチルCoAは糖質、脂質、たんぱく質からエネルギーを生む反応に関与します。

パントテン酸は水に溶けやすく、体に吸収されやすいビタミンですが、熱に弱いという性質があります。「パントテン酸を多く含む食品は、鶏レバー、魚介類などで、アボカドにも多く含まれています。摂取の目安量は1日あたり、成人男性で5~6mg、成人女性で5mgです。

エネルギー産生酵素の補助と皮膚や粘膜の健康維持

コレステロール、ホルモン、免疫抗体などの合成にも関係しているので、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きもしています。

パントテン酸は、副腎皮質ホルモンの合成を促し、脂肪や糖の利用など、数々の代謝経路に必要な成分とされています。免疫力や自律神経の働きを高める作用も認められています。

パントテン酸が不足すると、灼熱脚気症候群、めまい、手の麻痺、つま先の痺れ、足の疼痛、不眠症、手足の知覚異常、皮膚炎、脱毛などの症状を起こすことがあり、適量の摂取で完状が改善したとの報告があります。

パントテン酸を含むCoAには、除草剤や殺虫剤、薬剤中の有害な化学化会物に対する解毒作用があるとされます。

摂取不足並びに過剰に注意

野菜、果物、肉、魚などほとんどの食品に含まれていますので、一般的な食事で不足することはありません。ただし、高齢者やお酒を多く飲む人、妊娠中や産後の授乳期にある人は、パントテン酸不足にならないよう、注意が必要です。とりすぎても、過剰分は尿として速やかに排泄されますので、あまり心配はありません。過剰摂取による疾患や症状は報告されていません。

抗生物質を服用していると、腸内細菌が働かず、パントテン酸合成がうまくいかないので要注意です。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.