サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

ペクチン 腸内の乳酸菌を育て、便通を助ける(便秘、整腸作用、糖尿病、脂質異常症、大腸がんに関連)

投稿日:

整腸効果を持つ水溶性食物繊維

ペクチンは主に高等植物の細胞間に存在し、セルロースとともに細胞壁を形成しています。いちご、ラズベリーには含有量が少なく、柑橘類、りんごなどに多く含まれます。食品添加物として、加工食品の増粘安定剤、ゲル化剤などとしての使用が認められている水溶性食物繊維です。コレステロールの低下に対して有効性が明らかになっています。

食物繊維は、人の消化酵素で消化されない食物中の難消化性成分の総体です。便秘の予防をはじめとする整腸作用だけでなく、血糖値の上昇を抑制、血液中のコレステロール濃度を低下させて糖尿病や脂質異常症を予防します。

食物繊維は、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2つに分かれます。水溶性食物繊維には、ペクチン、グルコマンナン、アルギン酸、イヌリンなどがあります。一方、不溶性食物繊維には、セルロースやリグニン、甲殻類の殻に含まれるキチン・キトサンなどがあります。

腸内環境を整えて大腸がんを予防

たんぱく質や脂質、糖質などの栄養素は、消化管の中で消化され、小腸から体の中に吸収されます、一方ペクチンは消化酵素の作用を受けずにを通過して、大腸まで達します。

食物繊維はその大腸で便の体積を増やす料となるとともに、腸内のビフィズス菌や乳酸菌の割合を増やすことによって腸内環境を整え、腸内における発がん物質の生成を抑えます。便秘予防や腸の働きを正常にするだけでなく、仕謝性疾患に対しても予防効果があるといわれています。

高コレステロール血症で冠動脈心疾患のリスクが高い成人を対象とした比較試験で、ペクチン摂取により、血漿コレステロール、LDL-コレステロール値が低下したとの報告があります。

大量摂取やビタミン・ミネラルとの組み合わせに注意

ペクチンを大量摂取すると、おなかがゴロゴロしたりガスが増えたりします。分量は徐々に増やし、十分な水分補給に留意しましょう。ミネラルや脂溶性ビタミンの吸収を妨げる場合もあります。玄米や全粒小麦食材を主食にしている場合はサプリメントで補う必要はないでしょう。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.