サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

ペプチド類 アミノ酸のさまざまな結合による化合物(高血圧、筋肉の修復・増強、アンチエイジング、ミネラルの吸収促進に関連)

投稿日:

由来する食物ごとに異なる名前

ペプチドは、アミノ酸が数個つながった構造を持ち、アミノ酸とたんぱく質の中間の性質を持つ成分です。ペプチドは、もととなるたんぱく質により働きが異なり、由来する食品に基づく名前がつけられています。例えば大豆ペプチド、イワシペプチド、かつお節オリゴペプチド、魚肉ペプチド、カゼインホスホペプチド(牛乳由来)、ホエイペプチド(牛乳由来)、コラーゲンペプチドなどです。

食物由来で豊富な機能、生活習慣病予防にも効果

畑の肉、大豆由来の大豆ペプチドは、アミノ酸が各種バランスよく含まれ、体を丈夫にし、傷ついた筋肉を修復する効果があります。

魚由来のイワシペプチドは、必須アミノ酸が多く含まれているため血圧を「女定させる働きが期待されています。魚肉ペプチドには、アンチエイジング効果も期待されています。継続的な摂取が生体内での抗酸化作用を助長、酸化ストレスを軽減すると考えられています。

十乳由来のカゼインホスホペプチドは、牛乳が酵素分解されてつくられるペプチドです。腸内でのミネラル吸収の補助成分として機能します。ホエイペプチドは、分岐鎖アミノ酸(BCAA)と必須アミノ酸を多く含むので、筋肉増強に寄与します。

牛乳からカゼインや脂肪を除去した上澄みの液体部分であるホエイに含まれるたんぱく質です。牛乳からチーズを作る工程で、チーズとして固まるたんぱく質の約80%がカゼインで、残った搾り汁であるホエイに含まれる約20%がホエイたんぱく質です。

コラーゲンペプチドは、コラーゲンを小さく分解し、体内に吸収しやすく加工した高純度たんぱく質で、溶解性が高く、冷やしても固まりにくいので、飲料やスープなどの健康食品もあります。

摂取量を守ることと妊産婦は要注意

それぞれの成分を使用した特定保健用食品では個別に製品ごとの安全性が評価されていますが、適切な摂取量を守ることと妊娠中、授乳中の大量摂取を避けることには留意すべきです。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.