サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

ビタミンA(レチノール、カロテン) 皮膚や粘膜を健康に保ち、抗酸化作用を持つ(目の疲れ、感染症、皮膚炎、夜盲症に関連)

投稿日:

カロテンは必要に応じて体内でビタミンAに変わる

ビタミンAの化学名はレチノール、カロテンは摂取すると体内でビタミンAに変わるプロビタミンです。レチノールはレバーやウナギなどの物性食品に含まれ、ビタミンA効力を持ちます。カロテンは緑黄色野菜たどの植物性食品に含まれており、体内で必要に応じてビタミンAに変わります。カロテンにはB-カロテン、α-カロテン、γ-カロテン、クリプトキサンチンなどの種類があり、緑黄色野菜などに多く含まれるのは主にβ-カロテンです。

視力を正常に保ち活性酸素を消去

「皮膚や粘膜には、病原菌やウイルスなど外敵の侵入を防ぐバリア機能があります。ビタミンAは口腔、肺、消化器官などの粘膜を正常に保つ働きがあるため、感染症を予防し、体全体の免受力を高めることにも役立っています。

また、ビタミンAは目が光を感じるに必要なロドプシンという物質の主ります。このため、目の働き成分になります。このためにも大きく関与しています。

さらに、カロテンは活性酸素を除去する能力が高く、がんや老化を予防する抗酸化物質としても期待されています。同じく抗酸化ビタミンであるビタミンE、Cと一緒に摂取すると、相乗効果により抗酸化作用がさらにアップします。

妊娠中の過剰摂取は胎児の奇形につながる

ビタミンAが不足すると、粘膜や皮膚が弱くなり、感染症や皮膚炎にかかりやすくなります。また、暗がりで目が見えにくくなり、進行すると夜盲症になり、子どもでは成長障害を引き起こします。レチノールはとりすぎると体内に蓄積して、頭痛、吐き気、発疹などの過剰症を引き起こします。また、妊娠中に過剰摂取すると胎児の奇形につながるのでとりすぎないよう注意しましょう。

β-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変わるため、過剰摂取の心配はありません。β-カロテンの吸収率はそれほど高くありませんが、油に溶ける性質があるため、油と一緒にしとると吸収率が高まります。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.