サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

ビタミンC 抗ストレスにも働く抗酸化ビタミン(ストレス、免疫力の低下、疲労、がん、喫煙に関連)

投稿日:

ストレスや病原菌、活性酸素から体を守る

壊血病の研究から発見された水溶性のビタミンで、化学名はアスコルビン酸と呼ばれています。壊血病とは血管がもろくなって歯ぐきや内臓から出血し、やがて死に至る病気です。以前は対処法がわからず恐れられていましたが、ビタミンC不足によりコラーゲンが生成されないことで起こる病気であるとわかり、その後治療法が確立しています。

ビタミンCはコラーゲン生成に関わって血管や皮膚などを健康に保つサポートをするほか、免疫を強化し、ストレスに対抗するなど、さまざまな働きがあります。

皮膚や血管の健康維持に欠かせないビタミン

コラーゲンが合成されるときに欠かせないのがビタミンCです。コラーゲンは皮膚や腱、軟骨などの結合組織を構成するたんぱく質で、皮膚や骨、血管などを丈夫に保つ働きがあります。ビタミンCが不足するとコラーゲン生成がうまくいかず、肌のハリが失われたり、歯ぐきから出血したりします。ビタミンCは抗ストレスにも働きま
す。

私たちはストレスを感じるとそれに対抗するためアドレナリンを放出し、防御態勢に入ります。この大量のビタミンCが消費されます。

ビタミンCは抗酸化力が強く、化脂質の生成を抑えて、動脈硬化や心、筋梗塞、脳梗塞などを予防する働きがあります。さらに、免疫力を強化する作用があり、体内に侵入した病原菌を攻撃する白血球を助け、自らも病原菌と闘います。発がん物質であるニトロソアミンの形成を抑える作用もあり、抗がん作用も期待されています。

ストレスや喫煙などで不足しがち

ビタミンCが不足すると疲れやすくなり、感染症にかかりやすくなります。悪化すると壊血病の症状が現れます。

喫煙やストレスで大量に消費されるので、たばこを吸う人やストレス過多の人は意識してとる必要があります。

多く摂取しても体内に蓄積されないので、過剰摂取の心配はありません。ただし、サプリメントを一度に大量摂取すると、下痢、嘔吐、発疹がみられることもあります。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.