サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

ビタミンK 出血を止め、健康な骨の形成に関わる(血液凝固作用、骨粗しょう症、新生児メレナに関連)

投稿日:

血液凝固をサポート。腸内菌によっても合成される

ビタミンKは血液凝固に関わる脂溶性ビタミンで、血液を固める酵素の成分として働きます。

また、カルシウムが骨に沈着するときに必要なたんぱくの合成に関わり、丈夫な骨づくりには欠かせないビタミンです。ビタミンKには緑黄色野菜に含まれるK1と、納豆などの発酵食品に含まれるK2があり、K2は腸内細菌によっても合成されます。

骨の沈着を促し、丈夫な骨をつくる

出血しても自然に止まるのは、血液の凝固作用によるものです。出血すると、血液中に含まれるフィブリノーゲンという物質がフィブリンという固体に変化し、それによって血液は凝固します。このとき、トロンビンという酵素が必要なのですが、ビタミンKはトロンビンの前駆体の生成に不可欠なのです。

また、ビタミンKは骨をつくるプロセスでも重要な役目を担っており、カルシウムが骨に沈着するときにたんぱく質を活性化し、骨からカルシウムが流失するのを抑える働きをします。この働きにより、骨粗しょう症の治療薬としても用いられています。

新生児や抗生物質服用者は不足しがち

ビタミンKは腸内細菌によっても合成されるため、通常の食生活において不足することはまれですが、抗生物質を長期間服用している人は腸内の細菌のバランスがくずれがちなため、不足しやすくなります。このため、意識して補うことが必要です。

また、新生児は腸内細菌が少なく、ビタミンK合成量も少ないため、ビタミンKが不足しがちです。不足すると、頭蓋内出血や消化管からの出血を起こす「新生児メレナ」を発症することがあります。特に、母乳で育てている母親がビタミンK不足だと赤ちゃんの欠乏症につながるので、妊娠後期から継続して十分にビタミンKを摂取することが大切です。

過剰症の報告はありませんが、血栓治療薬を服用している人や抗血液凝固剤を服用している人はビタミンKの摂取量が制限されます。該当する人は医師の指示に従いましょう。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.