サプリン

あふれる情報の中からちゃんとした健康に関する情報を

未分類

亜鉛 新陳代謝や成長に欠かせないミネラル(精力減退や味覚障害に関連)

更新日:

酵紫の成分として重要DNA合成にも関与

亜鉛は100種類以上の酵素の構成成分として、DNAやたんぱく質の合成に関わり、新しい細胞形成に重要な役割を担っています。このため、新陳代謝や成長に欠かせません。

活性酸素を除去するSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)の補酵素として抗酸化作用に関与するほか、皮膚の健康、免疫反応、生殖機能を維持するなど、作用は実に多彩です。

味覚を正常に保ち生殖機能を高める

亜鉛の摂取不足は味覚障害を引き起こします。味覚は舌の表面の味蕾にある味細胞で感じますが、亜鉛が不足すると味細胞の再生が停滞し、味覚障害につながるのです。味覚障害の症状と、味の感じ方が鈍くなる、何を食べても味が感じられないなどがあります。

また、亜鉛には「セックス・ミネラル」という異名もある生殖機能とも関連が深く、精子の形成や女性ホルモンを活性化する働きがあります。

インポテンツ(勃起不全)の中で精神的な要因や糖尿病などの疾患が原因で起こるケースでは、亜鉛の摂取が有効とされています。

医薬品の服用で吸収率が低下することも

亜鉛は魚介類や海藻、豆類、肉類に豊富に含まれており、特にカキの亜鉛含有量は群を抜いています。
加工食品の中には、亜鉛の吸収を妨げるリン酸塩などの食品添加物が含まれているものがあり、加工食品を多く摂取する人は亜鉛が不足しやすくなります。また、供給源の多くは動物性食品であるため、ベジタリアンの人は不足しがち。ペニシリンや利尿剤の服用でも亜鉛の吸収率が低下することがあるので、必要に応じてサプリメントで補給するとよいでしょう。

亜鉛が不足すると味覚障害をはじめ、皮膚炎、貧血、免疫機能の低下などが起こり、男性では精子の数が減少しやすくなります。成長期の子どもでは発育が遅れることがあります。
しかし、一度に多量に摂取すると、頭痛や嘔吐、神経障害、腎機能障害などの急性中毒を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

-未分類

Copyright© サプリン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.